世界一わかりやすい 英語の発音の授業

ここ最近、本気で英語を身に着けようと勉強し始めました。

中学生の最初から英語は意味がわかなんない。成績もよくないと
ずっと苦痛だったんですが、今回初めて苦痛以外の感動を得ることができたので書き残します。

まずは、毎日少しでも英語を勉強する時間作って習慣化するため
挫折して家に転がってたDuoをiPhoneに取り込み
英文をポチポチ打ち込み歌詞として取り込み
通勤中に聞いたり、家で声に出してシャドーイングしたりしてました。

しかし、思いのほか上達してる感がないなーと思い始めてました。


そんな中、こちらのブログで
「世界の非ネイティブエリートがやっている英語勉強法」を読んだ - Talpa memorandum
確かに、英単語を文字で覚えるんじゃなくて動画などイメージで覚えるほうが理に適ってるなー。
とか思いながら、つらつらと見てました。

世界の非ネイティブエリートがやっている英語勉強法

世界の非ネイティブエリートがやっている英語勉強法

この中で初期投資は少なく、実力不足な自分に必要&すぐに取り組めそうなのはどれだろう。
と考え、こちらにたどり着きました。

CD付 世界一わかりやすい 英語の発音の授業

CD付 世界一わかりやすい 英語の発音の授業

本屋で手に取った時は、内容的にボリュームは少なく
もっと色々書かれた本にしたほうがいいのか?
とも悩みましたが、これを買って正解でした。

なにが正解だったかというと

今までの本だと「英語はここに舌を付けてふるわせろ!」とかいうけど
自分は書かれてる通りにできてるのか?本当にこうなのか?と
なかなかテキスト通りにできてる感が得られませんでした。

この本では日本人は常にどういう発音をしていて
英語の発音はどう違うのか、実は似ているんだ。とか

とにかく、難しい言い回しをしていない文章で
我々日本人が無意識に使っている発音との「違い」を説明してくれるので
へんなわだかまりを持つことなく、すっと納得することはできたし
書かれている通りに口を動かすと、あら不思議。
rとlの違いまで、簡単にわかってしました。

そして、この本で発音を2週間ぐらい毎日練習したら
なんとなく上達した感を得ることができました(英語で初めて!)

ほんと中学校の時にこういう教え方してもらってたらなーと
思う今日この頃です。


次のステップとして

CD BOOK ドリル式フォニックス<発音>練習BOOK (アスカカルチャー)

CD BOOK ドリル式フォニックス<発音>練習BOOK (アスカカルチャー)

で、発音記号を見なくても単語から読めるようになろうかなと。