読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リモートワークを実際にやってみてどう?

2014/07/08 リモートワークを実際にやってみてどう? - DevLOVE関西 | Doorkeeper


株式会社サーバーワークスの桶谷 拓也さん
ChatWork株式会社の谷川 周平さん
が、実際にリモートワーク((在宅勤務)を
実践、体験してきたことについてお話してくださった。

印象に残ったことを簡単にまとめると

  1. 全てが自由ではない(集中できる場所は案外限られてる。他の人の時間に合わせて働くので時間とらわれる。)
  2. 子育て、ランチ、勉強会などは融通がきく
  3. 孤独に耐え、自己管理ができ、家族の理解があるなど向き不向きがある
  4. コミュニケーションツールを使わず電話してくる人多い
  5. リモートされる側にリモート意識がなく、情報共有意識が低い
  6. 日々改善。フィットするツールを探して試す。非リモート側へ啓蒙する。
  7. キックオフなど大きなイベントではface 2 faceする。

  1. リモートだと、同期、非同期も両方仕事できるし、仕事が進む。
  2. チャットツールは非同期ツール。videoツールは同期ツール。社外向けにしかメールは使わない。
  3. チャットで報連相するが、ちょっと5分相談したいんですというときに気軽にvideo通話する。
  4. 「言った言わない」は起きないが、「伝わった伝わってない」が起こりやすい
  5. 空気感が伝わりにくいので、リモートの場合は感情表現をいつも以上より大げさに
  6. コミュニケーション大切。気持ちをちゃんと表そう。
  7. 普段からできていないことはリモートでもできない。気軽に言い合える関係が大切。

その他

  1. 「仕業」(弁護士、税理士)さんとリモートワークは相性がいい。
  2. ITは、繰り返し作業が得意。何度も同じことを言わなくていいんですよ。
  3. Mac QuickTimeで画面と音声を動画キャプチャして、Youtubeの限定動画で連携する