読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Word by Word Basic Picture Dictionary

英語の勉強を続けて約半年。まだ続いています。

Word by Word Basic Picture Dictionary (2E)  Picture Dictionary (Bilingual Edition)

Word by Word Basic Picture Dictionary (2E) Picture Dictionary (Bilingual Edition)

発音の次に、英単語にとピクチャーディクショナリ買いました。

ピクチャーディクショナリ

受験生のように単語カードで
英語 <-> 日本語
で覚えるのではなく

英語 <-> イラスト
と言葉をイメージで定着させるための書籍です。
f:id:MSitter29:20150125155954j:plain

バイリンガル(日本語併記)版やCD付版など派生版が色々あるんですが
日本語とひもづけてるのではなく、イメージとひもづけて覚えたかったので英語版にしました。

Oxford Picture Dictionary: Monolingual

Oxford Picture Dictionary: Monolingual

こちらも有名なんですが、オックスフォードというようにイギリス英語のようです。
アメリカ英語を身につけたいのでWord by Wordにしました。

今回は、基礎の基礎からやり直そうと「Basic」と題しているように初級編で、語数は2500語のものです。

勉強スタート

Dictionaryという名前ですが、辞典のようにお固いものではなく
全部イラスト付きなのでまったくのチンプンカンプンということはなく、かなり始めやすかったです。

ただ、勉強を進めていくと「この単語の読み方は本当にあってるのか?」
という不安がつきまとうようになりました。

ロングマン現代アメリカ英語辞典 (発音音声付き)

ロングマン現代アメリカ英語辞典 (発音音声付き)

  • Pearson Education
  • 辞書/辞典/その他
  • ¥2,000
このiPhoneアプリを買いました。

  • いわゆる英英辞典
  • 英単語の音声付き
  • もちろん発音記号付き
  • アメリカ英語特化版

通常版?より少し安いので
「調べたい単語、ちゃんと全部収録されてるのかな?」という不安があったのですが全然問題ありませんでした。
さすが辞書です。自分が調べる程度のことなら、載ってないなんてことは一度もありませんでした。
紙の辞書と違って調べるのは早いし、片手で楽に操作できるし、発音も確認できるし、かなり良いです。
勉強する人には是非オススメしたいぐらいです。
いい時代ですね。

進め方

  1. イラストを見る
  2. 単語を見る
  3. 発音する
  4. イラストを隠し、単語を見て頭の中でイラストをイメージする
  5. イメージできるまで繰り返す
  6. 同じページを5日繰り返す

という進め方をしていたのですが
なかなかページは進まず、苦しく、モチベーションが下がる一方でした。。。

そこで進め方を変えました。

  1. イラストを見る
  2. 単語を見る
  3. 発音する
  4. 覚えられなくても次々ページを進める
  5. 最終ページまで進んだら、もう一度最初から
  6. 最初から最後までを、5回繰り返す

単語とイラストを結びつける(暗記する)から、「単語を見てなんとなく発音できる」に重きを置くようにしました。

「あー、この単語なかなか覚えられない。くそー!」という苦しみから解放され
さくさくページが進むようになり、モチベーションアップ!
全部覚えられたか?というと、かなり怪しいですが最後まで続ける事ができました!
(ちょうど2ヶ月かかりました)


終えてみて

英文や映画でわかる言葉が(少し)増えた

全部が全部わかるようになった訳ではないです。。。
しかし、「あ、この意味わかる」と思うシーンが増えて
身に付いているなと実感できたのは、かなりうれしいですね。

発音が(少し)よくなった

流暢にスピーキングできるという意味ではありません。
英単語の勉強をしていたはずなんですが
きちんと2500語、声に出していたおかげのようで
RやFという日本語にはない口の動きが、自然とできるようになりました。
声に出すって大切ですね。

次は英文法の勉強を進めたいと思います。